中国の環境汚染はひどすぎる。!!

中国中東部の一部地域で有害濃霧の発生が続いたことを受け、北京の日本大使館は6日、現地に住む日本人向けの説明会を開催し、有害濃霧対策を検討した。この席で日本大使館は「北京に暮らしている人々は動物実験のような状況に置かれている」と指摘している。これに対して日本JCC新日本研究所の庚欣副所長は、「批判ばかりでは意味がない。日本も高度成長期にさまざまな問題に直面した。日本は自らの経験と教訓を新興国に伝えるべきで、人と自然の問題を人と人の争い、さらに政治目的にすり替えるべきではない」と反発している。本当に中国の環境汚染はひどすぎると思う。

エコーズ

公的医療保険の仕組み

医療保険には、公的なものと民間のものとがあります。そのうちの公的医療保険について、調べてみましょう

 現在組合管掌健康保険や、政府管掌健康保険船員保険等の職域保険に加入している人が全体の約6割、残りの4割が自営業などで国民健康保険の加入者となっています。公的医療保険とは、行政によって被保険者の範囲が定められている医療保障制度のことを指します。日本では、企業などに勤めていたり、公務員などの給与生活者だけでなく、自営業者なども加入可能な、国民健康保険制度が市町村で行なわれています。

。しかしどの公的医療保険に加入したとしても、被保険者や、被扶養者の立場の家族などが、治療が必要な状態になったときに、公的な機関などが医療費の一部もしくは全額を負担してくれるという基本制度には変わりありません。これらの公的医療保険では、加入者が収入に応じて保険料を出し合い、そこから必要な分の医療費を支出するという仕組みになっています。

 最終的に国家が目指しているのは、「国民皆保険」で、そのための制度が構築されているのです。公的医療保険には、幾つかの種類があり、被保険者の職域などによって、加入する保険が違ってきます。



公的医療保険の仕組み

公的医療保険の種類

公的医療保険の中には、サラリーマン等のように民間企業に勤務している人や、その被扶養者が加入する医療保険があります。この医療保険は、組合管掌健康保険と政府管掌健康保険の2つに分けることができます。

 この2つの医療保険は総称して「職域保険」と言います。先ず組合管掌健康保険は、大企業などのサラリーマンが加入する医療保険で、企業が単独か、あるいは数社で団体を作り、健康保険組合を設立して運営しています。この組合は単独企業の場合は社員が700人以上、複数企業の場合は3000人以上で設立可能です。
 
 これに対して政府管掌保険は、主に中小企業のサラリーマンが加入している医療保険で、組合管掌保険の組合が設立されていない会社に勤務する人や、その被扶養者が加入します。この保険の運営は社会保険庁が行っています。 この保険の具体的な業務としては、適用事務や保険料の徴収、さらに保険給付事務等があります。
 
 これに対して組合管掌健康保険は職域を中心とする小集団のため、効率的で細やかなサービスの提供が特徴です。医療費を負担する保険給付事業の他、健康診断を初めとする、レクリエーションや広報活動、保養所等の施設の運営等を行って、被保険者と被扶養者の健康の保持と増進を推進します。

医療保険の仕組み

医療保険とは、病院などの医療機関への受診で発生した医療費の、一部、若しくは全額を保険者が給付する保険です。又、医療保険の保険金を支払う方の立場である、国などの公的機関や、保険会社などのいわゆる保険者は、その支給額があまりにも膨大な金額になってしまうと、財源が圧迫されることになります。

 先進国の場合、その多くの国で医療保険は公的なものと民間のものとを組み合わせて構成しているのが現状です。この医療保険は、大きく分けて、公的医療保険と民間医療保険の二つがあります。

 全額が自己負担と言うことになると、結局経済的に余裕のある人だけが病院に行ける、と言う事になってしまうのですが、それでは平等な社会であるとは言えない。それを防ぐためにも、保障範囲というものは必要になります。

 どちらの保険の場合も目的は同じで、長期に渡る入院や、先端技術による手術や治療、高額な薬品の投与、等に伴う巨額の医療費が、被保険者である患者や、患者の家族の負担にならないために、その被保険者が支払うべき負担額の上限が定められています。つまり巨額の医療費の負担による生活の貧困化を避け、国民の生活を安定させる為の仕組みです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。